Exhibition
Leave a comment

儘花(ままはな)自由気ままに

アルティスタ企画のホテル椿山荘東京での儘花(ままはな)展は、7月1日より開催致しました。7月9日には、駐日モロッコ王国大使ラシャッド・ブフラル大使ご夫妻を急遽展覧会にお迎えすることになりました。ご訪問の実現は、京都西陣の澤屋重兵衛氏とのご縁によるものです。大使ご夫妻には澤屋氏の帯はもちろんのこと、帯と谷口氏の絵画がコラボした展示にも大変興味を持っていただけました。

東京の画家 谷口広樹氏と京都西陣の澤屋重兵衛氏によるギャラリートークを9日午後2時より行いました。30名の方にお集まりいただきました。
 二人には、制作の工程を説明いただいた後に、伝統を継承しつつそれを革新していくクリエーションに対する熱い思いを1時間に渡り語っていただきました。

帯を織るということは、多くの職人さんの分業により行われています。重兵衛氏はその総監督であり、オーケストラで言えば指揮者の役割という重兵衛氏の言葉は印象的でした。

谷口氏の絵画の色彩の重なり合いも、自己と格闘しつつ生まれると語っていらっしゃいました。谷口氏の大きな抽象画と澤屋氏による帯のインスタレーションは今回の展覧会の核となっています

フィレンツェ 伝統の金細工のジュエリー作家、Puraの壇純世さん・Marco Baroni(マルコ・バローニ)さんがフィレンツェから参加してくれました。

パリのDina Atlan(ディナ・アトラン)による指輪です。原石とビーズを組み合わせたユニークなデザインで、日本で扱っているのはアルティスタだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です